Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です's comments

入れ歯に関するQ&A

Q1.
入れ歯を入れるのがイヤで、右側の奥歯が無いのをずっと放置しています。左側の奥歯があるので、日常生活に支障はないのですが・・・このままでも大丈夫でしょうか?
A1.
反対側だけで噛んでいると、今度は残っている歯に負担がかかってしまって、結果として残っている歯の寿命を短くしてしまいます。全身やお顔などの歪みの原因にもなりますので、左右両方で噛めるようにしていきましょう。

Q2.
入れ歯を使用したくないのですが、他に方法はありますか?
A2.
歯を失って、入れ歯を使用しなければならない場合、入れ歯以外の方法としてはインプラントがあります。入れ歯もインプラントもそれぞれ利点と欠点があります。それぞれの特徴を理解した上で、ご自分に合ったものを選択しましょう。

Q3.
バネのない入れ歯は普通の入れ歯とどう違うの?
A3.
普通の入れ歯は、金属のバネがついていて、そのバネを歯に引っ掛けて入れ歯を外れないようにしています。バネのない入れ歯はこのバネが無いのが一番の特徴です。
金属のバネの入れ歯では・・・バネがかかっている歯に、負担がかかってしまいます。バネのない入れ歯では、金属のバネの変わりに弾力性のある樹脂を使って、複数の歯を抱え込み、茶筒のようにはまり込むことによって、入れ歯を安定させます。複数の歯で入れ歯を支えるので、特定の歯に力が集中することを防ぐことができます。バネのある入れ歯に比べると残っている歯への負担が少なくてすみます。

Q4.
保険の入れ歯と保険外の入れ歯はどう違うの?
A4.
保険の入れ歯と保険外の入れ歯では、やはり耐久性が違います。保険の入れ歯の場合には、残っている歯や歯肉に問題がなくても、入れ歯自体が壊れてしまう場合が多いです。それに対して、保険外の入れ歯の場合は、入れ歯自体が壊れてしまって使用できなくなるというよりは、その方の歯や歯肉に変化が起きてしまった時に、使用できなくなって、新しく作ることが多いです。

Q5.
入れ歯はどれくらい使えるのでしょうか?
A5.
残っている歯の状態や歯茎の状態によって、個人差があります。入れ歯を作り直さなければならないのは、次のような場合です。
• 歯茎が極端にやせて、入れ歯が合わなくなってしまった場合
• 病気などで急激にやせた方は歯茎もやせてしまいます。
• 入れ歯は合っていても、残っている歯に問題が起きてしまった場合。
• 歯茎もすこしずつやせていきます。ある程度であれば、作り直さずに修理して使用することが可能です。(5〜10年くらい)

Q6.
新しく入れ歯を作りましたが、痛くて使用することができません。また新しい入れ歯を作った方が良いのでしょうか?
A6.
入れ歯は実際に使用し始めてから、数回の調整が必要です。(実際に使用し始めてからの調整が勝負です)新しい入れ歯は新しい靴と同じだとイメージしてみてください。履き慣れるまで靴擦れなどができることがあると思います。入れ歯も同じです。実際にお食事などをした時に、強く当たって痛くなるところを、調整してお口になじませていきます。(調整して使用できるようにしていきます)

Q7.
入れ歯が安定しないので、入れ歯安定剤を使った方が良いのでしょうか?
A7.
特別な場合を除いて、入れ歯安定剤は使用しない方が良いです。素材がベタベタしているので、汚れもつきやすく、雑菌も繁殖しやすいため衛生的に問題もありますし、口臭の原因にもなります。入れ歯が入っている歯茎の状態が悪くなってしまうこともあります。
*特別な場合:唾液の量が少ない方。唾液の性状がサラサラしている方。入れ歯が入る歯茎が極端にやせてしまって、平坦になっている方。こう言った場合には、やむを得ず使用することもあります。
*入れ歯と歯茎の間に唾液が介在することによって、入れ歯が安定します。唾液は粘膜を保護する役割も担っていますので、唾液が少なく乾燥していると・・・歯茎が傷つきやすいのです。そのような場合に、入れ歯安定剤を使用することがあります。

Q8.
入れ歯の洗浄剤はどのような種類のものが良いのでしょうか?またどれくらいの頻度で使用すれば良いのでしょうか?
A8.
保険の入れ歯であれば、市販されている洗浄剤で大丈夫です。保険外の入れ歯については、特殊な材料を使用している場合があるので、その入れ歯に合った洗浄剤を使用しましょう。頻度としては、毎日使用していただくのが理想的です。少なくとも2〜3日に1回は使用していただけたらと思います。

Q9.
入れ歯を洗う時は、洗剤や歯磨き剤をつけて洗った方が良いのでしょうか?
A9.
入れ歯を洗う時には入れ歯専用のブラシなどを使用して、流水下で汚れを落としてください。歯磨き剤には研磨剤が入っており、入れ歯の表面を傷つけてしまいますので、使用しないでください。ニオイなどが気になる場合には、入れ歯の洗浄剤を使用しましょう。

Q10.
入れ歯の保存方法について教えてください。
A10.
乾燥すると入れ歯が変形してしまうので、必ずお水の中に入れて保存してください。