Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です's comments

今回は、『その歯の常識間違っています!』というタイトルでお話しします!

迷信その1「きっちりゴシゴシ磨くのが一番良い」
 正反対です!歯と歯茎に負担をかけすぎると、歯を守ってくれるエナメル質がとれてしまうだけではなく、歯茎を傷つけ、歯周病の原因にもなってしまいます。あまり力を入れずに磨くことをオススメします。

迷信その2「食後すぐの歯磨き」
 デザートに果物を食べた時には、食後すぐの歯磨きはしない方がいいでしょう。なぜなら、果肉と果汁は口に中のPH値を変化させるので唾液が酸を中和するには30分くらいの時間が必要になるからです。最低でも30分は歯磨きを待つことをオススメします。
 *食後に1杯の牛乳を飲むと、牛乳が酸性のPH値を調整してく  れるのでこの時間を短縮できます。

迷信その3「紅茶は歯によくない」
 紅茶や緑茶には沢山のフッ素が含まれており、それが虫歯菌の繁殖を止めるので、この情報は間違いです。

迷信その4「歯磨き粉はどれも同じ」
 これも間違いです。ベーシックな歯磨き粉は多くの場合、虫歯と歯周病の予防にしかならないのに対し、高性能・高付加価値の歯磨き粉は、歯頸の虫歯や歯垢など歯の健康を損なう別の要因に対しても有効です。

このように一般的によくいわれることには間違っている情報もあります。正しい知識を身につけましょう!
また、歯の健康を保つためには歯磨きは欠かせませんが、実は健康で美しい歯を作るために効果的といわれる食材があります!

その1「にんじんと黒パンでいつもより沢山噛もう」
 生野菜や黒パンなどの粗挽きの穀粒パンは噛むことで良いマッサージ効果を生み、歯肉を強め、唾液の分泌を促進させます。

その2「サーモンとお茶の組み合わせで強い歯を」
 紅茶やお茶、魚の種類には平均値を上回るフッ素を含むものがあり、それが歯のエナメル質を強化して虫歯を予防するのに役立つといわれています。

その3「歯のエナメル質には美味しいチーズ」
 チーズは食後、胃粘膜を保護するだけでなく、歯も守ります。チーズは歯のエナメル質を丈夫にし、バクテリアの酸を中和してくれます。

その4「歯のトラブルを予防するならりんご」
 りんごの繊維質は強いクリーニング作用があり、食べている間に歯を磨いているような働きをするそうです。

その5「パセリとカルダモンで口臭よ、さようなら」
 典型的なドイツの薬味であるパセリと、”香りの王様”とも称される香辛料カルダモンは、食べると口の中に芳香油が広がります。これらは殺菌作用が高く、口臭を防ぐ効果が注目されています。

美味しく食べて歯を丈夫にしましょう!!


Leave a Reply