Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です's comments

Archive for the ‘キレイキレイ通信’ category

本日のテーマ「活性酸素!」
活性酸素のたまりやすい生活していませんか?活性酸素は万病の元(>∩<)!「癌やアルツハイマー」を引き起こしたり、「老化」を早めてしまいます。あなたの生活が老化を早めているかも… チェックしましょう(^ω^)ノ ①コンビニやスーパーの惣菜など、加工食品ばかり食べている。 ②お酒をよく飲む。 ③たばこを吸う。 ④最近、激しい運動を始めた。 ⑤外回りの仕事が多い。 ⑥ストレスを感じることが多い。 ⑦空気の良くないところに住んでいる。 いかがでしたか?1つでも当てはまれば改善していきましょう! 活性酸素からあなたを守る方法! ①タバコを吸わない! ②これから始めるスポーツは、無理せず気長にがキーワード! ③紫外線対策! ④ストレスと上手く付き合う! ⑤空気のきれいなところに住む! 参考にしてみてください!活性酸素対策! 活性酸素を撃退する成分は!! ①ビタミンA、B2、C、E!(例:柑橘系、青菜類、種実類) ②良質なたんぱく質!(例:鶏卵、さんま、木綿豆腐) ③ポリフェノール(例:赤ワイン、緑茶、ココア) 活性酸素を減らし、健康で若々しくいきましょう(>∀<)!! ピュアスマイルレディデンタルクリニック 札幌市中央区大通西3丁目11 せんばビル6階 TEL:011-252-6480

今回は、『その歯の常識間違っています!』というタイトルでお話しします!

迷信その1「きっちりゴシゴシ磨くのが一番良い」
 正反対です!歯と歯茎に負担をかけすぎると、歯を守ってくれるエナメル質がとれてしまうだけではなく、歯茎を傷つけ、歯周病の原因にもなってしまいます。あまり力を入れずに磨くことをオススメします。

迷信その2「食後すぐの歯磨き」
 デザートに果物を食べた時には、食後すぐの歯磨きはしない方がいいでしょう。なぜなら、果肉と果汁は口に中のPH値を変化させるので唾液が酸を中和するには30分くらいの時間が必要になるからです。最低でも30分は歯磨きを待つことをオススメします。
 *食後に1杯の牛乳を飲むと、牛乳が酸性のPH値を調整してく  れるのでこの時間を短縮できます。

迷信その3「紅茶は歯によくない」
 紅茶や緑茶には沢山のフッ素が含まれており、それが虫歯菌の繁殖を止めるので、この情報は間違いです。

迷信その4「歯磨き粉はどれも同じ」
 これも間違いです。ベーシックな歯磨き粉は多くの場合、虫歯と歯周病の予防にしかならないのに対し、高性能・高付加価値の歯磨き粉は、歯頸の虫歯や歯垢など歯の健康を損なう別の要因に対しても有効です。

このように一般的によくいわれることには間違っている情報もあります。正しい知識を身につけましょう!
また、歯の健康を保つためには歯磨きは欠かせませんが、実は健康で美しい歯を作るために効果的といわれる食材があります!

その1「にんじんと黒パンでいつもより沢山噛もう」
 生野菜や黒パンなどの粗挽きの穀粒パンは噛むことで良いマッサージ効果を生み、歯肉を強め、唾液の分泌を促進させます。

その2「サーモンとお茶の組み合わせで強い歯を」
 紅茶やお茶、魚の種類には平均値を上回るフッ素を含むものがあり、それが歯のエナメル質を強化して虫歯を予防するのに役立つといわれています。

その3「歯のエナメル質には美味しいチーズ」
 チーズは食後、胃粘膜を保護するだけでなく、歯も守ります。チーズは歯のエナメル質を丈夫にし、バクテリアの酸を中和してくれます。

その4「歯のトラブルを予防するならりんご」
 りんごの繊維質は強いクリーニング作用があり、食べている間に歯を磨いているような働きをするそうです。

その5「パセリとカルダモンで口臭よ、さようなら」
 典型的なドイツの薬味であるパセリと、”香りの王様”とも称される香辛料カルダモンは、食べると口の中に芳香油が広がります。これらは殺菌作用が高く、口臭を防ぐ効果が注目されています。

美味しく食べて歯を丈夫にしましょう!!

こんにちは!ピュアスマイルです。
すっかり涼しくなって、秋になりましたね。
季節の変わり目・・・みなさん、体調は大丈夫ですか?

最近、ピュアスマイルには、患者さんから赤ちゃんが生まれました~!という報告が立て続けに届いています♡

赤ちゃんが生まれたら、やっぱり気になるのは赤ちゃんの虫歯予防!
おかあさんのお口にいる虫歯菌が感染して虫歯になってしまうのは、みなさんご存知ですよね??
口移しはダメ、お箸やお皿の共用もダメ・・・・
分かっていても完璧に実践するのは、なかなか難しいのが現実です。

そんな現実をふまえて・・・ぜひ実践していただきたいこと。
それが、マイナス1歳からの虫歯予防です。
妊娠6ヶ月頃から出産後9ヶ月ころまで、100%キシリトールガムを摂取してお母さんの虫歯菌のリスクを下げることで、お子さんへの虫歯菌の感染の時期を遅らせます。(注:市販のキシリトールガムでは効果は期待できません)
妊娠中は歯周病のリスクも上がりますので、赤ちゃんだけでなくお母さんのお口の健康のためにも妊娠中にしっかりと歯医者さんでケアを受けていただくことが、本当に大切です。

1日にどれくらいの量のキシリトールガムを摂取するべきか・・・などは、その方の虫歯菌のリスクによっても変わってきますので・・・
ご興味のある方は歯科医院にお問い合わせくださいね。
そして、周囲にプレママの方がいらっしゃいましたら・・・・
ぜひぜひ教えてあげてくださいね。

マイナス1歳からの虫歯予防・・・
より詳しいパンフレットを用意してありますので、
ご興味のある方はご連絡くださいね。

ピュアスマイルレディデンタルクリニック
info@pure-smile.jp
011-252-6480

今回は『犬にもある虫歯・歯周病』です。

犬の虫歯は人間のように多くはありませんが、歳をとるにつれて虫歯になるケースが多いです。

症状は、、人間の虫歯と同様に歯の色が変わったり、穴が開いたり、欠けたりします。ひどくなると痛みがでたり、ご飯を食べなくなったり、しみたり口臭がひどくなります。

虫歯予防方法としては、、数日に1回くらいのペースで歯磨きをしてあげてください。また歯石をとるオモチャなどもあるので使用してみるのも虫歯予防につながります。

犬を飼われている方は愛犬の歯をみてあげてお掃除してあげて下さいね~♪

女性皆さん、あなたの唇はどんな唇ですか!?唇の形もあなたの運勢に関係しているんですよ(^ω^)ノ

①口の端(口角)をいつも上げていると、本当に喜びや笑いが絶えない幸せに満ちた日々が送れる良相へ導いてくれます。意思の力を表す場所、運気を左右します。

②上唇が厚いと、人に与える愛情の深さを表します。精神的な愛を重視する人です。

③下唇が厚いと、人から受ける愛情の深さを表します。物質的な愛情を重視する人です。

④上下ともに唇が厚い場合は、忠実で信用のおける人です。

⑤下唇にある縦ジワは、多ければ多いほど誰からでも好かれ、幸運をつかむ機会が多い人です。子孫にも恵まれます。

幸せをつかむ、唇の基本は・・・
「口角を上げる」事です!!
日常の生活の中でこの笑顔の表情が頻繁に表れることで、口角の周囲の筋肉が柔軟になり、柔和な良い相になります。辛いこと、悲しいことがあっても、いつも意識して口角をキュッと上げて、笑顔の口を作るように心がけましょう!!

ピュアスマイルレディデンタルクリニック
札幌市中央区大通西3丁目11 せんばビル6階
℡:011-252-6480
Blog http://ameblo.jp/pure-smile-lady/  
HP:www.pure-smile.jp

歯科 札幌

『睡眠時無呼吸症候群』についてお話します。

”睡眠時無呼吸症候群”とは、睡眠時に舌を支える上気道の筋肉が緩み、気道が完全に塞がれ呼吸が一時的(10秒以上)に止まってしまう呼吸障害が、1時間に5回以上現れる状態のことをいいます。
なお、5~15回を軽症、15~30回を中等症、30回以上を重症と診断します。

●睡眠時無呼吸症候群が引き起こす主な症状
・大きないびき
・朝起きると口がカラからになっている
・日中の眠気
・起床時の頭痛
・夜中によくトイレに行く
・頭の働きの低下        など

睡眠時無呼吸症候群になると、上記に挙げられたような症状が日常生活の中で現れるようになりますが、注意すべき症状はそれだけではありません!
睡眠中無呼吸になるという事は、血液中に酸素が行き渡らなくなるということなので、繰り返すことで身体に大きな悪影響が及び、高血圧や糖尿病などの生活習慣、動脈硬化や脳卒中などの命に関わる重大な疾患を引き起こすともいわれているのです。

●睡眠時無呼吸症候群の治療法
・マウスピース(スリープススプリント)
無呼吸やいびきは、寝ているときに筋肉が緩んで重力が加わり、下顎が下がるとともに舌も奥へと入り込み、気道が圧迫されることで起こります。
それを防ぐために用いられるのが、マウスピースです。
マウスピースは下顎を少し前に出した状態で上と下の歯を固定するため、重力が加わりやすい仰向けで寝ていても下顎が下がらないようになります。
すると気道が十分に確保され、空気の通りが楽になり無呼吸やいびきが起こりにくくなるのです。

・n-CPAP
「CPAP」と呼ばれる装置と専用のマスクを使った、中等症~重症の場合に用いられる療法です。
副作用が少なく、始めたその日から無呼吸やいびきの改善が期待でき、心筋梗塞や脳卒中などの生命に関わる全身疾患の発生リスクが低くなることもあきらかになっているそうです。

睡眠時無呼吸症候群が長期化すると、日常生活に支障をきたしたり命に関わる重大な疾患を引き起こす恐れもあります!
疑いがあるなら、早めに相談しましょう。