Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です Subscribe to 札幌の入れ歯相談室は女性専用の入れ歯専門です's comments

Archive for the ‘記事’ category

赤ちゃんの虫歯予防はマイナス1歳から始まっているってホント??

虫歯菌はお母さんから感染する・・・

プレママの方ならきっとご存知ですよね??

同じお箸を使っちゃダメ、キスしちゃダメ、口移しもダメ・・・・

でも、これを実践するのって、本当に難しいですよね?

友達ママも「分かっているけど、完璧にするのは無理だよ~」

って言ってます。

普段の生活をそれほど我慢せずに、赤ちゃんの虫歯予防ができたら・・・

もっともっと虫歯ゼロの子供たちが増えるのに。

そんなプレママの方々に朗報で~す♫

それは・・・・赤ちゃんが生まれる前から、

お母さんのお口の中にいる虫歯菌にアプローチしていくというもの。

妊娠6ヶ月くらいから、お母さんのお口の虫歯菌のリスクをコントロールすると・・・

普通の日常生活を送っていたとしても、

生後1歳の時点の子供から虫歯菌が見つかる確率が低くなるというのです~。

ヒミツは・・・100%キシリトールガムにあります。

100%キシリトールガム

あっ!そうはいっても・・・・

やみくもに市販のキシリトールガムを噛めば大丈夫~というものではありません。

もちろん日頃のお口のケアをしっかりと行っていること。

これは基本中の基本です~

いつ頃から、どれくらいの量を摂取するのかは、

やはり歯医者さんでしっかりと指導を受けてくださいねっ。

善玉菌 悪玉菌

妊娠と歯周病~!

関係ないように思えて、実は深~い関係があります。

実は、この歯周病菌・・・女性ホルモンが大好物なんです~(;´Д`)ノ

なので、妊娠すると・・・歯周病菌の活動は活発になってしまいます。

これ、ホントの話です。

私には女性歯科医師の友達がいっぱいいます。

もちろん、歯科医師ですからしっかりとケアしていますし、

健康な歯肉のハズなのに・・・・

やっぱり妊娠中は歯肉から出血したと言っていました。

しっかりとケアしている、健康な歯肉でも、影響があるということは・・・・

一般の方々や歯周病の方には、もっと大きな影響があるということですよね。

歯周病の方は、さらに悪化してしまうことに・・・(iДi)

怖いですね~。

そしてそして・・・ぜひぜひ知っていただきたいこと。

それは、歯周病が早産(低体重児)の原因となる可能性があるということです。

歯周病菌に感染すると・・・免疫反応が起こります。

その時に出てくる物質が分娩を促す物質にとっても良く似ているのです~。

もし、妊婦さんが重度の歯周病だったら???

考えただけで、怖いです・・・・

妊婦さんの方々のお口のケア。

妊婦さんの多くは、赤ちゃんを産むことに精一杯(;^_^A

なかなかご自分のお口の中までは気が回らないかもしれませんが・・・・

赤ちゃんのためにも、ご自分のためにも!!

毎月の健診に産婦人科に行くように・・・・

歯科医院にも数ヶ月に1回来ていただきたいなって思います♫

〜妊娠と歯周病の関係〜Part1

”歯周病が妊娠を遅らせる??”

とっても興味深い記事を見つけました!

西オーストラリア大学の研究チームが発表したようです。

その研究によると・・・

健康な歯肉をもつ妊婦では妊娠までの期間は平均5ヶ月だったのに対し、

歯周病の妊婦では平均7ヶ月を要していたとのこと・・・

色々な諸条件があるので・・・これが全てだとは言い切れませんが。

かねてから、不妊治療を行っている方には、

妊娠する前から虫歯や歯周病を治して、

健康な状態でいて欲しいなって思っていましたので・・・

お子さんが欲しいなって思っている方が

歯科医院にいらっしゃるキッカケになったらいいなって心から思います。

たくさんの患者さんのお口の中を診てきて、日々思うこと・・・

それは、健口なくして健康はあり得ないということです。

お口の中が健康な方は、心身ともにお元気で生き生きとしています!

反対にお口の状態があまり良くない方は・・・

何か病気があったり、元気が無い方が多いです・・・

今回のこの研究結果も、歯周病だけではなくて、

そういったことも影響しているのかもしれないですねっ。

この記事だけでは、調査対象となった方の選択基準についての詳細は不明なので、

何とも言えませんが。

こういう医学的調査のデータって、諸条件によって変わってくるので・・・

その有為性の判断基準が本当に難しいです。

この論文・・・英語だと思うけど、読んでみようかな~と考えています。

学会発表だから・・手に入れるの難しいかな・・・(ノ_-。)

今日はちょっと難しいお話でしたっ。

なぜ、プレママの方々、不妊治療を行っている方々にお口のケアをして欲しいかという想いは・・・

書き始めると長くなってしまうので(笑)

また今度アップしますね~

歯周病が妊娠を遅らせる?

こんにちは!ピュアスマイルです。

いつもお世話になっている方に、少しでもお役に立てればと考え、
このようなお便りをお届けしています。

9月というのに、まだまだ残暑が厳しい毎日が続いていますね。
皆さん、体調は大丈夫ですか?

今日は・・・女性の方にはぜひ知っておいていただきたい!
そんなトピックスのご紹介です。

先日、こんな見出しが目に飛び込んできました!

”歯周病が妊娠を遅らせる??”

ちょっと、ドキっとしますよね??

西オーストラリア大学の研究チームが発表したようです。
その研究によると・・・
健康な歯肉をもつ妊婦では妊娠までの期間は平均5ヶ月だったのに対し、
歯周病の妊婦では平均7ヶ月を要していたとのこと・・・

まだ、調査の段階なので・・・断言はできませんが。
少なくとも赤ちゃんが欲しい!と思っている女性の方々には、ぜひぜひお口の健康チェックとケアを受けて欲しいです。
妊娠だけじゃなくって、生まれてくる赤ちゃんのお口の健康のためにも!
お母さんのお口の健康はとっても大切です。

ぜひぜひこの情報を・・・
周りの女性の方々にも伝えていただけたら、とても嬉しいです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
お問い合わせやご質問がありましたら、お気軽にご連絡くださいね。

ピュアスマイルレディデンタルクリニック
011-252-6480
info@pure-smile.jp

8.26発行のさっぽろシティライフに女子力アップのための耳寄り情報が掲載されました~♫

「白い歯でマイナス5歳!? ~今知りたい、”美歯”への道~」

$歯科を札幌でお探し? 女医が虫歯や歯周病から守る-さっぽろシティライフ

札幌のOLさんにはお馴染みのフリーペーパーですねっ。

今月初めに取材を受けた時にお話したことが・・・・

イラストや写真付きでとっても分かりやすくまとまっていて、ビックリ~

美歯道を熱く語っております(笑)

限られたスペースの中・・・・まだまだ伝えたいことはいっぱいありますが、

これだけは伝えておきたい!という基本の基本を掲載していただきました!

札幌の素敵女子のみなさん~

ぜひぜひ読んでみてくださいねっ。

女子力アップの必須アイテム!!

デンタルグッズの中にも気軽にできるグッズがあります♫

それは・・・デンタルフロスです♫

お出かけの時ってなかなか、食後の歯磨きって難しいですよね??

もちろん、歯磨きするのが理想ですけど・・・・

そんな時間が無い時も、もちろんあります。

私も常に歯ブラシは持ち歩いていますが・・・・

やはり、お友達と一緒にお出かけしている時は、歯磨きをする時間までは取れないです・・(ノ_-。)

できるだけ、歯と歯の間に物が挟まらないように、気をつけて食べていますケド・・・

青のりとか、ゴマとか・・・・(笑)

気をつけても歯と歯の間に食べ物が挟まってしまうことって、絶対にありますよね。

そんな時に活躍するのが、デンタルフロス!!

$歯科を札幌でお探し? 女医が虫歯や歯周病から守る-デンタルフロス2

ちょっとトイレに行ったときに鏡でチェックして、スマイルチェック♫

素敵女子には、”つまようじ”は似合いませんから・・・(笑)

映画「プリティーウーマン」の中にも・・・

ジュリアロバーツがイチゴを食べた後にデンタルフロスを使うシーンがありました~!

リチャードギアはドラッグを使うのかと思って怒ってましたケド(笑)

意識の高い欧米では常識なのでしょうね~

貴女も化粧ポーチの中に・・・ちっちゃなデンタルフロスを加えてみませんか??

スマイルを応援する、札幌の歯科医院を目指してます!

口臭なども無料相談しています。

口臭が気になって、人と話すのが怖くなってしまってしまうと・・・・

元気もなくなり、笑顔も消えてしまいます。

口臭に悩んで、当院に来院された患者さんも・・・・

最初はとっても元気がなかったのに、ケアをして口臭が改善されていくうちに・・・・

本当に明るく快活になって、少しずつ元気になっていきます。

そんな様子を見ていると、本当にうれしくなります。

やっぱり口元の健康美って大事♪

口元のコンプレックスが解消されるだけで、皆さん本当にステキな笑顔になります。

たとえば、着色した歯がきれいに白くなったとき・・・

銀歯のつめものが白いつめものに変わったとき・・・・

鏡をお見せしたときの笑顔・・・・こちらまで嬉しくなります♪

ピュアスマイルは女性の方々のスマイルを応援しています!

何かお悩みがありましたら・・・お気軽にご相談くださいねっ。

危険!飲み会で歯が溶ける?

こんにちは。ピュアスマイルです。
夏ももう終わりますが、夏にいただくビールはやはり格別ですね!ということで、今回は【危険!飲み会で歯が溶ける?】というテーマでお届けしたいと思います。

長時間の飲酒で酔っ払ってゴロン・・・。なんてことは、、、実は歯が溶けて取り返しのつかないことになるんです。
長時間、飲み食いした後にそのまま放置すると、歯の表面のエナメル質からカルシウムイオンなどのミネラルが溶け出し歯の表面が溶けます。

また、飲み会では酢の物やレモンなどかんきつ類に加え、ビールやワイン、炭酸飲料が歯のミネラル分を溶け出してしまうんです。

(予防方としては)
 ・唾液を確保しやすいように、飲み会の途中で水やお茶などを飲むようにする。

 ・帰宅までの時間が長い場合は一度口を水ですすぐ。

 ・酔っていてもきちんと歯磨きをする。

 ・ガムなどを噛み、溶け出したミネラル分を補うとともに唾液の分泌を促す。

 ・歯磨き後に口中剤でブクブクと口をすすぎ、虫歯菌がはびこらないようにする。

キシリトールについてのお話を改めてお伺いしました。

今日はオーラルケアの方がいらっしゃって、院内セミナーでしたっ♫

お腹の中に善玉菌と悪玉菌がいるように・・・・

お口の中にいる、ミュータンス菌にも善玉菌と悪玉菌がいるんですね~

悪玉菌は・・・ベタベタした歯にくっつきやすいプラークを作ります。

善玉菌は・・・歯面からはがれやすいプラークを作ります。

確かに・・・虫歯の多い方と少ない方のプラークって違います。

虫歯の多い方のプラークは、ベタっとしていて歯ブラシで落としにくい感じがします。

虫歯の多い方には・・・きっと悪玉菌がいっぱいいるんでしょうね。

キシリトールには様々な効果がありますが・・・

この悪玉菌を減らすのも、その効果の一つです。

キシリトールを摂取していくと・・・悪玉菌の割合が減って善玉菌の割合が増えて行きます。

口内環境を整えるっていうことですねっ♫

こう考えると、お腹の中も口の中も一緒ですね。

お通じを良くするために、ヨーグルトを食べるように・・・・

特に悪玉菌が多い方は・・・虫歯になりやすいとあきらめる前に!

食後のキシリトールガムを取り入れてみてくださいね!

あ!でも、基本的な歯磨きは必須です!!!!!

キシリトールガムをかんだから大丈夫!というワケではありませんので(;^_^A

正しい摂取の仕方や摂取量などは・・・・

歯科医院でしっかりとアドバイスを受けてくださいね~。

自分には虫歯菌がどれだけいるのか分からない~!という方。

唾液検査を行ってみると分かりますよ~。

今日は、他にも耳寄り情報がいっぱいでしたっ!

特に女子の方にはぜひ知って欲しいことも・・・・

引き続き、アップしていきますので、よろしくお願いします♫

歯科に行くのは痛い時にしか行かない。という方は今も昔も変わりません。

しかし、お口のお悩み相談にいらっしゃる方が増えています。

痛くはないけど、時々違和感を感じる・・・

このまま放っておいても大丈夫なのか不安・・・

そんなお悩みを抱えている方がいらっしゃいました。

ちょっと見た感じでは、大丈夫かな?と思っても・・・・

患者さんが何か違和感や不快感を抱いているときは、やはり原因があることが多いです。

こういった方のお話を聴くたびに・・・

患者さんの訴えにしっかりと耳を傾けること。

基本の基本なんだけど、そこがとっても大切だということを改めて実感します。

痛くないけど、違和感がある・・・・

歯医者さんに行って、話を聴いてもらえるのかな?

そんな微妙な状態ってもしかしたら、患者さんにとってはすごく不安なのかも知れないですね。

そう言った方々の不安を少しでも和らげることが出来るように・・・・

もっと、気軽に相談に来ていただけるように・・・

クリニックをオープンな存在にしていきたいなって思います。